FC2ブログ
当ブログは無差別かつ無節操に読んだ本を 良質な紹介・批評を皆様方に提供致します

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ

死神の精度 初見 感想・批評

記事編集
自信満々意気揚々とGA文庫大賞に応募した結果、見事に一次選考落ちやがりました今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?
こちらはひたすら評価シートを待つ日々です。べ、別に最初から評価シート貰うのが目的だったん(略
OTL<ハァ・・・


気を取り直して、
さて、今回は

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

死神の精度です。

作者:伊坂幸太郎
写真:不明
ジャンル:ミステリ・死神・恋愛・任侠 etc...

~あらすじ~

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。

――amazon「商品の説明」より




~以下、書評など~
文章:B+
死神である主人公の一人称。主人公の人格から、淡々とした文章になっています。
その文章の傾向は、なるほど、この小説の死神らしさや、主人公の人格性が充分に伝わる優れたものでした。

主に観念やら人間に関することも描写されており、読んでいてほう、と思わず嘆息したり、少々苦笑してしまうこともしばしば。

一般小説ですが、それほど固い文章でもなく、初心者でも安心して読めるレベルでしょう。


設定:B+
一般に言う死神というのは、フードに骸骨、さらに大鎌といった風貌で人間の背後から忍び寄り、命を刈り取るといったイメージが定着していますが、この小説の死神はそうではありませんでした。

この小説の死神は、死神の世界(?)から派遣され、人間に化けて対象者とコンタクトを取り、死ぬのが適当かどうかを調査する、というものなんだそうです。

他、素手で人に触れると気絶させてしまい、寿命を一年縮めるなど、細かい設定もありましたが、よく設定が活用されており、中々の好印象でした。


人物:B
基本的に主人公以外の人物はほぼ使いきり。一般小説にしてはよく書けていたかと。
特筆すべきは主人公。音楽好きで、少々噛み合っていない会話をする彼が好きでした。
その他の人物は、必要最低限といったところでしょうか。強烈な個性があるわけでもなし。キャラの区別が出来る程度。まあ一般小説ならこの辺りがベストなんでしょう。


その他
・短篇集形式。章ごとにジャンルが違う。

総評:B+
中々面白かったです。文章も比較的平易で、やや本を読み慣れてきた方にオススメします。

それにしてもやはり主人公の名前の由来は作家さんが千葉県出身だからなのでしょうか・・・

備考
・ラジオドラマ化、映画化しています
・この記事は「いくつもの週末と本」のあきら氏に勧められて読んだ本について書評した記事です。あきら氏へ素晴らしい本と出会わせて下さったことに感謝致します。


~ここから感想~
・死神の精度
死神の大まかな説明などなど。
主人公の音楽好きさ加減に思わず笑ってしまいました。

・死神と藤田
若干任侠もの的な感じがします。
死神の設定が巧妙に使われており、感心しました。

・吹雪に死神
ミステリーin吹雪の山中の小屋。
巧妙な伏線の貼り方に、思わず両膝を叩く思い。
それにしても、こういった設定の後出し的なものや、幹夫氏の少々不自然な死に至るまでの経緯はミステリ的にはどうなのでしょうか。ボクはミステリに疎いので、少々是非を問いかねます。

・恋愛で死神
普通に恋愛。と、いっても主人公がするのではなく、対象者がしているわけですが。
ちょっとした役に立つ豆知識があります。明日は我が身ですね。
あっさりと終わってしまい、少々呆気無く感じるかも知れません。

・旅路を死神
人を殺してしまった若者にカージャックされる死神。
最近の短気な若者がよく描かれており、なかなかのものでした。


・死神対老女
老女の頼みを聞く死神。
精度や恋愛などの伏線を上手く回収しており、感心しました。
秀逸な一篇です。
スポンサーサイト

関連するタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。