FC2ブログ
当ブログは無差別かつ無節操に読んだ本を 良質な紹介・批評を皆様方に提供致します

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ

人類は衰退しました 感想・レビュー

記事編集
休みで本がいっぱい読めるはずなのに
その本が難しすぎ&厚すぎで遅々として進まない今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?
自分は早くも諦めたくなって来ました。もっと年食ってから読もう。そうしよう。

さて、今回は

人類は衰退しましたです。

作者:田中ロミオ
イラスト・原画:山崎透
ジャンル:SF・ほのぼの・黒い・コメディ
  【CAUTION!】若干のネタバレの為反転→【WORNING!】(一部シリアス・欝アリ)

~あらすじ~
わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の”調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが……。田中ロミオ、新境地に挑む作家デビュー作。

~以下、感想など~
文章:A
基本的には主人公の一人称。ほのぼのとした中、黒さとかが垣間見えてて読んでて楽しいです。
そこまで難しい言葉も出ず、出たとしてもそれほど重要でないので、かなり気軽に読める作柄です。
初心者の方にもぜひお勧めしたいですね。
なお、上の表紙絵やあらすじを見て頂ければ分かる通り、これは多少主人公が黒いですけどほのぼのコメディです。
ですので、SFがジャンル欄にあったからと言ってそういう設定重視とか萌えとか燃えとかラブコメとかは期待しない方がよろしいかと。


構成:B++(暫定)
短篇集のような形式。なのでどう評価すればいいかわからんです。よって暫定的にこんな感じ。
起承転結は勿論、オチもしっかり締めてくれます。
しかし、作品の傾向上、壮大なオチとかはそもそも無いので悪しからず。
設定の量もSFと言われている割には少なめ。まあこれも作品の傾向上の理由ですね。
あと、ページの余白にちょこんと時々イラストが載っていることも。恐らくこの手法を使っているのはこれだけなんじゃないかな?


人物:A
文句なしのA。
主人公や妖精さんが時々黒さを垣間見えさせているのが好きです。
一巻では登場人物こそ少ないですが、徐々に増えて行きます。
皆、なかなか濃くて(ええ、ある意味・・・ね)結構笑わせていただいたり。
個人的には子供のような純粋さを持ちながらさらっとキワドイ発言したりする妖精さんが一番好きです♪


総評:A
初心者向け。ほのぼの、コメディが好きな人は買い。さすがプロのエロg……ゲフンゲフン……ゲームシナリオライターは格が違った。


備考
・短篇集形式
アニメ化するよ!やったねたえちゃん!
・あらすじも面白いです
スポンサーサイト

関連するタグ
コメント:
この記事へのコメント:
… (同感)         
最初はかわいいと思いましたでも、改めてダークです。
2011/11/05(土) 15:35 | URL | kamemusitake #-[ 編集]
Re: … (同感)         
デスヨネー(´Д`;)

ボクも「しあわせになれる白い粉」の下りには吹きました(笑)
黒すぎだから!( ゚∀゚)・∵.
2011/11/05(土) 20:24 | URL | 一・一 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://elevenbooks.blog.fc2.com/tb.php/18-2488db85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。