FC2ブログ
当ブログは無差別かつ無節操に読んだ本を 良質な紹介・批評を皆様方に提供致します

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ

ログ・ホライズン 感想・批評

記事編集
最近イラストの練習をしているのですが
スキャナーが無いがためにうpれなくて俺ヒャッホイな今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、今回は

ログ・ホライズンです。


作者:橙乃ままれ
イラスト・原画:ハラカズヒロ
ジャンル:異世界迷い込み・ファンタジー・バトル


~あらすじ~
廃墟アキバから世界を変える!
老舗オンラインゲーム「エルダーテイル」の世界に 日本人ゲーマー3万人が閉じ込められた!

モンスターとの戦闘、味を失った食料、死ぬことのない境遇。
昨日までプレイしていた「剣と魔法の世界」が今日からの「現実」。
未だ、混乱続くエルダーテイルで、
<腹ぐろ眼鏡>で<引きこもり体質>の主人公・シロエが、
旧友直継、美少女暗殺者アカツキらと、世界を変える冒険を開始!


~以下、感想など~
文章:B+
基本三人称。時折主人公の一人称が混じる感じ。

作品の性質と作者の方向性上、説明文が多いです。まあ文章が上手なので、余程活字ギライな方でなければ読める程度ですが。

また、これも作品の性質上仕方の無いことですが、用語が多いです。まあオンゲが作品の題材ですしね。これも苦にはならないでしょう。説明もあるし、大抵名前だけでどういったものなのか想像がつくので。

あと、この本画像のサイズ見てわかると思いますが(いや無理か)、これ文庫本サイズじゃねーです。
約300ページ。文庫本サイズに直せば多分某ラノベ界のブラックスミスといい勝負ができそう。


設定:A
※構成諦めて設定に項目直しました。まいどおんなじことばっか書いてる気がしますかr(略

MMORPGの特性などをよく把握して設定ができているなあ、と感じました。
職業や装備、街などの設定がちゃんと形作られているところが好印象。意外とこういったところが出来ていない人が多いですから・・・。

基本的な世界観としては、遠未来の日本がファンタジー世界になった、という設定のオンラインゲームの世界、といったところでしょうか。
そのゲームの世界に迷いこむ主人公達ですが、ゲームと現実のギャップなどが克明に書かれており、そこの辺よくできているなぁと思います。

上述したとおり、ちゃんと設定も逐一説明があり、名前からその内容も察せられるのでどこぞの鈍器のように設定まとめる、なんてことしなくてもよさそうです。(多分)

説明の比重としては
人間関係(過去話含む)>世界観>職業>装備>etc...
といった印象でしょうか。

人物:A
安心のままれ先生クオリティ(オイ
ちゃんとキャラの主義がはっきりしている辺りが好印象。
主人公がこういったインテリ系のキャラというのも中々新鮮で良かったです。

ただ、ちょっとセリフ回しがアレな気が・・・
もうちょっと大人らしい語彙えらぼうよ社会人・・・
あと個人的にアカツキちゃんはもっと舌鋒鋭くしても良いと思うんだ・・・

まあ逆に言うと気になったのはそれだけで、他は結構楽しめました。


総評:A
文章の量などを含めて中級者向け。
設定がしっかりしてるとやっぱり楽しめますよね。


備考
・ネットで公開されたものを書籍化。
・一は本オンリー。ネット上に公開されているのは読んでいません。
スポンサーサイト

関連するタグ
コメント:
この記事へのコメント:
お久しぶり&こんばんはー


ログ・ホライズン気になってたけど、財布の事情で。。。


まおゆうはどうなんすかねー


更に質問をくわえて申し訳ないのですが、一個。


一・一様はどのような話を書かれたのでしょうか? 黒蟻も小説を書くので少々気にかかりまして(^^;


2011/05/09(月) 20:10 | URL | 黒蟻 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
お久しぶりです、一・一です。

ログ・ホライズン、おもしろいですよー
ボリュームあるから読み応えあるし、アカツキ可愛いs(略

まおゆうは戯曲形式でしたねー
こっちはwikiにまとめられていたので、ある程度は読んだのですが、途中からメンドクサクなってほんで読むことにしています。(本には単語の注釈が付いてるんです)
今度記事にしてみようかなぁ・・・

あ、あと最後の質問。
・・・・・・ええっとー(-ω-;)

もうなんていうか、色々戦争とかミステリとか学園とかSFとか色々なジャンルが組み合わさり過ぎて、
もはや「名状しがたき作品」としか形容できない、クトゥルフライクな作品なんですよね・・・(いあいあ

まあアレです。GA文庫のコーナーで自分の名前を見かけたら手にとってみて下さい。実際に読んだ方が伝わるでしょうし。
まあ受賞しないっていう確率のほうが高いんですけd(爆

ところで、黒蟻氏の書く小説というのも少々興味があります。
あ、いや、べ、別に期待なんてしてないんだかr(殺

> お久しぶり&こんばんはー
>
>
> ログ・ホライズン気になってたけど、財布の事情で。。。
>
>
> まおゆうはどうなんすかねー
>
>
> 更に質問をくわえて申し訳ないのですが、一個。
>
>
> 一・一様はどのような話を書かれたのでしょうか? 黒蟻も小説を書くので少々気にかかりまして(^^;
2011/05/10(火) 19:32 | URL | 一・一 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。


あっしが今書こうとしているのは、端的に言えば親子の絆の再生の物語です。


ラノベ志望ではあるのですが、書く作品がラノベらしい『萌え』が足りないというのが自覚する弱点です。


今書いている作品も最初電撃を予定していたのですが、色々指摘を受けて6月末が締め切りのポプラ社に送ることにしました。


あと、自覚している弱点の一つに誤字脱字が(苦笑)


こんなところです。



2011/05/10(火) 22:38 | URL | 黒蟻 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いいですねえ、親子もの(*´д`*)

萌えなんてただの飾りです、偉い人にはそれがわからんのでs(略
本はストーリーですよストーリー(キリッ

誤字脱字ですか・・・
案外気付きませんよね、自分では

まあノベルチェッカー的な↓
http://ranove.sakura.ne.jp/check.php

これである程度はマシ・・・かな?(^_^;)

> コメントありがとうございます。
>
>
> あっしが今書こうとしているのは、端的に言えば親子の絆の再生の物語です。
>
>
> ラノベ志望ではあるのですが、書く作品がラノベらしい『萌え』が足りないというのが自覚する弱点です。
>
>
> 今書いている作品も最初電撃を予定していたのですが、色々指摘を受けて6月末が締め切りのポプラ社に送ることにしました。
>
>
> あと、自覚している弱点の一つに誤字脱字が(苦笑)
>
>
> こんなところです。
2011/05/11(水) 00:44 | URL | 一・一 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/25(水) 21:32 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
お気に入り登録させて頂きました~
時間があったら読ませていただきますm(_ _)m
2011/05/28(土) 16:50 | URL | 一・一 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://elevenbooks.blog.fc2.com/tb.php/24-089f2c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。