FC2ブログ
当ブログは無差別かつ無節操に読んだ本を 良質な紹介・批評を皆様方に提供致します

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連するタグ

ビブリア古書堂の事件手帖 初見 感想・批評

記事編集
まだまだ寒さの続く今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?
こっちはなんだかとっても身体が重いです。運動不足かなー


さて、今回は

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

ビブリア古書堂の事件手帖です。

作者:三上延
イラスト・原画:越島はぐ
ジャンル:古書・文学少女・安楽椅子探偵・推理・ヒューマンドラマ・短篇集形式

~あらすじ~

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。

――amazon「商品紹介」より



~以下、感想など~
文章:A+
基本的に主人公による一人称のみ。客観的で、やや三人称より。

なんといっても非常に読みやすい!

よくあるコメディ系のラノベの様に軽くもなく、かといってSFなどの様に重くもなく、程良い感じ。
どちらかというとラノベと言うより一般小説に近い文体なのですが、普遍的な言葉で構成されているため、かなり読みやすく感じます。

古書が出てくる話ですので、「思い出」が「思ひ出」のような、昔の送り仮名があったりしますが、気にならない程度。


ラノベにしては珍しく風景描写もちゃんとしているし、個人的に大好物でした。


設定:B
ファンタジー要素一切なし!栞子さんは本とか食べません

舞台は2010年現実の鎌倉。ちなみに現実にビブリア古書堂はないらしいです。誰か作ろうよ。
古書は実在するもの。

他、これといって特に特筆すべき設定はなし。

人物:B
キャラクターがしっかりと確立していました。
特に主人公のキャラがしっかりと立っている辺り、作者の地力を感じます。(最近は主人公が空気化するのが多くて……)

あざとい萌え要素は無く(※ただし栞子さんを除く)、あくまでナチュラルで攻めてくる。
あと栞子さんがとても可愛いです。

また、キャラクターの運用がとても上手かったです。

その他
伏線の張り方と回収が秀逸。これは是非とも見習いたい。
無駄が少なく、スマートにまとまった非常に丁寧な構成でした。

ジャンルに推理モノと書きましたが、この作品では何か事件が起こってから犯人を探すのではなく、
どちらかというと動機や目的を推理していく、といった感じ。
ネタが明かされていく時は、思わず「おお」と声が出ました。
本を読み慣れている方であれば、ある程度予想はできるでしょうがそれを補って余りある展開

正直、ラストのシーンには圧倒されました。

総評:A
文句なし!
ネットで噂になるだけはありました。

古書というと、野村美月先生の文学少女シリーズを連想される方も多いでしょうが(事実ボクがそうでした)、
それとはまた異なった方向性で、あっちはドロドロこっちは穏やか、といった感じでしょうか。
あちらはオマージュ色が強めでしたが、こちらは古書はあくまで小道具、といった見方でした。

総じて、初心者にも読みやすい、ミステリ入門的作品であったと言えます。


備考
・2巻目にして100万部突破
スポンサーサイト

関連するタグ
コメント:
この記事へのコメント:
気にはなっているものの、資料とか終わクロとかゲーセン代とかで首が回らないorz


成田作品ですら積読状態だからなー。そして、この調子でいくと一月から始めれない>小説orz


では失礼します。


2012/01/13(金) 23:32 | URL | 黒蟻 #ZApJogM2[ 編集]
Re: タイトルなし
終わクロならしかたがない(あ
あれボリュームあるだけあって結構単価が高いですからねー。
でも紙一枚あたりの価値は割りと安いという。。。

まあ焦らずゆっくりと読んでいけばいいんじゃないでしょうか
と、並行読みばかりしているボクが言ってもあまり説得力がないですね(苦笑)

張り紙みたいなのを作って、それに読む順番決めてけばいいと思いますよ。
結構はかどりますb
2012/01/14(土) 23:24 | URL | 一・一 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://elevenbooks.blog.fc2.com/tb.php/46-8857c7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。